読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのりな日和

心身ともに健康で楽しくほんのりと生きられる方法を考えます

【怖くないよ!】生理痛やPMSが辛いなら、低用量ピルを試してみませんか?

 

f:id:honnori-life:20160404151552j:plain

 

こんにちは。

 今回の記事は、女性の身体に関係する内容なので女性向けですが、男子禁制というわけでもないので、よろしければ男性もお読みください。

女性の身体に関する話は、むしろ男性にも知っておいてもらった方が良いのではと思っています。反対もしかり。

 

さて、すこし前から低用量ピルを飲みはじめました。

実際に飲む始める前は「なんか怖い!」「副作用怖い!」と思っていたのですが、実際に服用してみたら特に怖いこともありませんでした。

 

生理痛やPMSが辛い方、生理不順で悩んでいる方。

低用量ピルを試してみませんか?

 

 

*スポンサードリンク*

 

 

低用量ピルとは

 

ピルの中でも、低用量ピルはさまざまな副作用を大幅に軽減した安全性の高いものです。避妊効果だけでなく、生理痛の軽減、出血量の減少、そして生理が定期的になり、またスケジュールに合わせてずらすことも可能など、数多くのメリットを持っています。ピル情報サイト

 

経口避妊薬とも呼ばれるくらいですから、「ピル=避妊」のイメージが強いかもしれません。ですが低用量ピルは、生理痛やPMS月経前症候群)の緩和、生理不順やにきび治療などにも使われています。

 

わたしが処方してもらったのも、PMSと生理痛が酷かったためです。

いままでは「辛いけれど、まあ仕方ないか……」と思って耐えていたのですが、最近とくにPMSが酷くなってきてしまったので、お薬を試してみることにしたのです。

 

低用量ピルは、産婦人科やレディースクリニックなどで処方してもらえます。

料金は1シート(一か月分)で、おおよそ2000~3500円くらいが相場のようです。同じ種類のお薬でも病院によって値段が違ったりするので、調べてからかかる病院を選んでも良いかもしれません。

また病院によって、取り扱っているお薬の種類も異なってきます。

マーベロン、オーソ、シンフェーズ、アンジュ、トリキュラー、あたりが一般的でしょうか。ちなみにわたしが使っているのはマーベロンです。マーベロンはにきびにも効果が期待できると聞いて、選びました(PMSでにきびが発生してしまうので)。

副作用の出やすさに関しては大差ないそうですが、お薬によって相性があるので、病院で相談してから決めると良いと思います。

 

また、普段ほかのお薬を飲んでいる方は、飲み合わせに問題があるといけないので、診察の際にそれを伝えるようにしてください。

わたしはワイパックスコロネルトランコロンを常用していますが、特に問題ないと言われました。

 

 

 

低用量ピルを使用するメリット

 

低用量ピルを服用すると、個人差はあると思いますが、主に以下のようなメリットがあります。

 

・生理周期が安定する(旅行などの予定がたてやすい!)

・生理痛やPMSの緩和(毎月の辛さから解放される!)

・生理が軽くなる(楽!)

子宮内膜症などになりにくくなる(予防できるのは嬉しい!)

・にきびや多毛症が緩和されるかも(美肌に近づける!)

 

 

低用量ピルの副作用

 

大きな副作用としては「血栓症心筋梗塞脳卒中」などが挙げられます。

ただ、これらの副作用が出るのはマレで、たいていは出ないそうなので、あまり心配しなくても良いと言われました。

とはいえ万が一のこともありますから、低用量ピルを使用する場合は定期的に検査を受けるのが良いと思います。あとは、へんなしこりを発見したり、突然手足にひどいしびれを感じたりするようなことがあれば、すぐに病院に行くようにしてください。

 

小さな副作用としては「吐き気、頭痛、不正出血、胸の張り」などが挙げられます。

こちらは人によってかなり差があり、結構辛い人もいれば、ほとんど感じない人もいるそうです。また、飲みはじめに出る副作用らしく、飲み始めて2~3か月ほどでほとんど感じなくなるそうです。

もし死ぬほどつらい症状が長期間出てしまっている場合は、その薬と相性が悪い可能性があります。処方してもらった病院で相談して、お薬の種類を変えてもらうなどしてもらった方が良いかもしれません。

 

ちなみに飲むタイミングは、「決まった時間に毎日服用する」ことだけを守れば何時に飲んでも良いそうです。わたしは小さな副作用が出るのが嫌だったので、寝る前(おおよそ午後10:30)に飲むようにしています。眠ってしまえば、気持ち悪さや頭痛などの副作用からは(すこしは)逃げることができます!

 

ちなみに、はじめて服用した日は、飲んで1時間ほど経った頃「なんだか胃のあたりが気持ち悪い……」状態になりました(飲んですぐベッドに入ったのですが眠れなかったのです)。

翌日は、朝から手足がさらさら(インフルエンザの予防接種をした後みたいな感覚に近いです。伝わりますか……?)しました。午後からは頭痛が少々。

副作用らしき症状はあったものの、予想していたよりも軽かったので安心しています。上記の症状も、2~3日で落ち着きました。

 

飲み始めたばかりなので、大きな副作用についてはいまのところ不明です。

血液検査は半年に一回程度は行った方が良いと病院で言われたので、それはきちんと守りつつ様子を見ようと思っています。

 

 

きちんと理解して服用すれば怖くない

 

低用量ピルについて調べる前は、漠然と怖いイメージがありましたが、メリットやデメリット、効果や副作用などについてきちんと調べて理解すれば、そう怖いものではありませんでした。

 

もし生理痛やPMSの症状が辛くて悩んでいる方がいましたら、ぜひ病院で相談だけでもしてみてください。

人生の半分(PMS期間+生理中)も不調だなんて嫌じゃないですか!

産婦人科は敷居が高い」という方もいるかもしれませんが、特に入りにくいということもありませんでしたよ! わたしも今回初めて行きましたが、緊張するような場所ではありませんでした。病院によっても違うのでしょうが、内科などと大差なかったです。

もしどうしても行きにくいのであれば、総合内科(産婦人科と内科が一緒になっているようなところ)を選べば、だいぶ行きやすくなるのではないかと思います。

 

また、まだ飲み始めたばかりということもあって、PMSなどの症状の改善に関してはいまのところ未知数です。

もうすこし飲んでみてから、症状改善に関しては改めて記事にしたいと思います。

 

 

 

▼クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

*スポンサードリンク*