読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのりな日和

心身ともに健康で楽しくほんのりと生きられる方法を考えます

胃を壊した後、ごはんの美味しさと食べることのできる嬉しさを、しみじみと感じました。

食べること 雑記と考えたこと 健康(その他)

 

f:id:honnori-life:20160331123309j:plain

 

こんにちは。

ブログを書くの久しぶりだなあと思ったら、なんと一か月半ぶりでした。

体調がぐずぐずだったり、ブログ気分じゃなかったり色々していたら、いつの間にか時間って経っているものなんですね(しみじみ)。

 

さて、ごはんはおいしいですよねって話です。

 

先日原因不明(おそらくストレス性)の急性胃炎になってしまって、もともとのIBSとのダブルコンボで何も食べられなくなり。

「何も食べたくない。固形物摂取すると胃がお腹が吐き気が腹痛が……」

といったひどい状態が2日程続きました。

ちなみにスポーツドリンクとウイダーでしのぎました。

 

今日やっと固形物を食べられそうな状態になったので、おかゆなどの胃にあまり負担がかからなさそうなものから、少しずつ、少しずつ、口にしました。

そのおかゆの美味しいことったら!

 

食の好みで言えば、おかゆは正直あまり好きではありません。

ですが、保存食として買っておいたレトルトのおかゆが、本当に本当に美味しかったんです。

 

全くなにも食べられない期間を経て、再び食べ物を口にできるようになったとき、いつも思うのが、「食べられるって幸せ」「ごはんって美味しい」ということです。

 

IBSの症状のこともあって、食事を摂るのは結構苦手です。

けれど、それでも食べられることの嬉しさを噛みしめながら、やわやわのおかゆを味わっていただきました。一口一口、噛みしめるように。

 

 

 

▼クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

*スポンサードリンク*