読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのりな日和

心身ともに健康で楽しくほんのりと生きられる方法を考えます

【書評】今の時代を生きるすべての人へ:『次の時代を、先に生きる。』

この本、読んでみませんか

 

こんにちは。

髙坂勝『次の時代を、先に生きる。 まだ成長しなければ、ダメだと思っている君へ』を読みました。

 

 

この本、どんな本?

 

暮らしや働き方や人生を「Re」していこう!

これまでの時代に「当たり前」とされていた「成長しなければ」「稼がなければ」「消費しなければ」……の呪縛から今こそ解き放たれるとき。

これまでの時代の生き方を考え直して、次の時代の生き方を創るための一冊。

 

 

もう頑張るのやめない?

 

とにかく、読んでください。はやく!

 

「仕事がつらいからやめたいけど、どうやって生活したら……」

「フリーターだから、この先の未来に夢も希望も持てない」

「将来や老後が不安で不安でたまらない」

「日本はこれからどうなるんだろう……?」

「買っても買っても満たされない、ガラクタばかり増えていく」

「上手く言えないけれど、今の社会の在り方に不自然さを感じる」

 

そんな方は、ぜひ、読んで。

このブログを読んでいる時間があったら、この本を読んでください!(笑)

「(笑)」とつけましたが、結構本気です。

 

もう気づいたほうがいい。そろそろ勘づいたほうがいい。
経済成長などできない、と。経済成長など必要ない、と。
経済成長を目指すからすべての不幸が生まれている、と。

(中略)

だから、もう、そろそろ、次の時代を先に生きてしまえ、それが幸せへの近道だ。

 

髙坂勝『次の時代を、先に生きる。』

 

 今の時代に、閉塞感を感じている人。

これを読んで、「次の時代」の生き方を考えましょう。

 

 

今の時代は生きにくいなと、わたしも感じています。

他の時代を生きたことがないので比較はできません。なので「それでも昔よりは今の方がいい」とも「いや昔の方がよかった」とも言えません。今以外を知らないから。

 

それでも「今って生きにくいよね!」と言うことはできます。

自殺したり(考えたり)、うつ病になってしまったり、鬱々とした気持ちで毎日を過ごしていたり。そういう人が大量発生している時代は、お世辞にも「生きやすい」なんて言えないからです。

 

便利な時代ではあります。

一応平等っぽい時代ではあります。

とりあえず平和な時代ではあります。

 

なのに、もやもやとした生きにくさは何なのでしょう。

どうして幸せになれないのでしょう。

 

他人と自分を比べてしまうから。

現状に満足せず「もっともっと!」と求めてしまうから。

ゆえにいつまでたっても「今の自分」に「いいね!」って言えないから。

 

時代や社会が、「もっともっと!」と言います。だから自分も「これじゃだめだ」「もっと〇〇じゃないと」と思ってしまいます。自分にも他人にも厳しすぎるのだと思います。人間はそんなに完璧ではありません。いつか死にますし。そんな人間が作った社会だって、だから、完璧なものじゃありません。でも完璧や上を求めるから、おかしなことになってしまっているのではないでしょうか。

 

駄目なところのある自分にも「いいね!」って言えるように。

完璧ではないあなたにも「いいね!」って言えるように。

周囲から見たら「?」な生き方かもしれなくても「自分はこれでいい、これが幸せ!」って胸を張れるように。

 

 そんな風に生きていけたら、幸せになれるのではないかと思います。

 

 

『次の時代を、先に生きる。』は、幸せにこれからの時代を生きていくためのヒントをくれます。

読んで、自分で考えて。

そして自分が幸せだと思える、生き方を探っていきませんか。

 

 

▼こちらも合わせてぜひ。

 ▼前にこちらの記事でもちょろっと紹介しました。

honnori-life.hateblo.jp

 

 

この本をおすすめしたいのは……

 

・現在の社会に「生きにくさ」「息苦しさ」を感じている人

・でもどうすればいいのかわからない!と悶々としている人

・そろそろ「頑張る」のをやめて楽しく生きたい人

 

 

 

▼クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

*スポンサードリンク*