読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほんのりな日和

心身ともに健康で楽しくほんのりと生きられる方法を考えます

「男女間の友情が成立するか否か」以前に、性別はそんなに重要なものですか?

 

f:id:honnori-life:20161215143330j:plain

 

こんにちは。

今日は「男女間の友情は成立するのか?」について、思うところを書きます。

 

書こうと思ったのは、こちらの記事を読んだからです。

www.pojihiguma.com

 

結論から書いてしまえば、わたしは「男女間の友情は成立する」と思っています。

理由は、性別をそこまで重要なものとしてとらえていないからです。

「男性か女性か」ってそこまで大事な要素でしょうか。

もちろん人によって考え方は違うと思いますが、わたしにとっては「男性か女性か」よりも「気が合うか合わないか」「一緒に過ごす時間が楽しいものか」「相手を大切に思っているか」などの方が大切なのです。

 

もしも「異性間の友情が成立しない」のであれば、「同性間の友情も成立しない」のではないかと考えてしまいます。

「異性には身体の関係を求めてしまう可能性があるから、純粋な友情はない」というのであれば、性別問わず恋愛対象になるバイセクシャルの方の場合などはどうなるのでしょうか。誰とも友情が成立しなくなってしまうのでしょうか……? そんなのってないです。

 

そもそも「友情」とは一体何なのでしょうね。

 

わたしは「情愛」も「友愛」も「家族愛」も、さほど違わないものとして認識しています。どれも「愛」であること、相手を大切に思うことに違いはないからです。

「相手を大切に思う気持ち」を「これは情愛で、これは友愛だ」と分類するのは少々ナンセンスだと思ってしまいます。

「身体関係を持ちたいと思ったら情愛で、思わなければ友愛」みたいなのは、なんというか、なんだかなあ……と。

もしかしたらこのように思うのは、わたしがいわゆる「恋愛」にあまり関心がないからかもしれませんが。

人に対して情愛というものを感じたことがほとんどないのですよね……。

 

大切だと思う人のことは、その感情が友愛であれ情愛であれ家族愛であれ、大切にしていきたいと思うのです。仲良くしたいと思う相手とは、性別問わず仲良くすれば良いのです。

 

 

▼クリックしていただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

*スポンサードリンク*